2017/05/14

建設業界を読み解く7つの本

建設に関する書籍は多く出版されていますが、参考書が多く、「読み物」として出版されている本はそこまで多くありません。

そこで、このページでは建設に関する「読み物」としての書籍を厳選してご紹介します。



建設業界に関する書籍 7選
・日本のゼネコン[岩下秀男,1997.04]
序盤には大手ゼネコンの簡単な歴史も書いてあり、ゼネコン業界入門といった本です。


・公共事業をどうするか[五十嵐敬喜,1997.03]


・ゼネコン危機の先を読む[辻村定次,2001.04]


・ゼネコンは請負体質から脱皮せよ[照井進一,2008.07]
うえの3冊はゼネコンの現在の体質を批判した上で結論として新たな提案、という内容だが、提案が抽象的かつ実現への弊害に対する方策等もなく、微妙な本達。


・建設業の世界[古川修,2003.08]
学問の立場から建設について述べられてる本です。一般的な建設に関する事柄も、「学問の視点から考察すると違った面が見えてくる」ということを感じる本です。


・建設業者[エクスナレッジ,2012.10]
主に建設業界で働く職人のインタビュー集です。
どういう人達が実際に建物を作る仕事をしているのかを知ることが出来ます。
ひとりひとりがカッコいい写真と共に掲載されています。


・公共事業を、内側から変えてみた[桑原耕司,2004.12]
著者がある公共事業でCM(コンストラクション・マネジメント)方式を提案し、着工までの期間、行政側、建設業者側との折衝を行った経緯と苦悩が書かれています。
CM方式に対する各業界の思惑がわかり面白い本です。



0 件のコメント:

コメントを投稿